Blog

Nonと言うこと

こんにちは。



美哲学者のあさこです。





あなたには「嫌い」な

ものはありますか?



食べ物🍴でも



飲み物🥤でも



スポーツ🏸でも



家事🍳でも



👩‍👧‍👦のタイプでも





人はそれぞれ



少なくても

ひとつやふたつは

嫌いなものがあると思います。



普段、「好き」なものには触れる

ことはたくさんありますが、

「嫌い」はどうでしょうか。



「嫌い」という感情に

ネガティブ↘️なイメージを持って、



何事も「好き」になろうと

努力する人も多いかもしれません。



けれども、



この「嫌い」という感情こそ、



私は女性に大切に

してほしいと考えています。





その理由は、



「嫌い」という

感情の裏側を探ると、



自分の本当に好きなもの、

求めているものに

つながれるからです💡



普段は意識もしないかも

しれませんが、



「嫌い」には必ず

潜在的な理由があります。



生まれながらの

先天的な「嫌い」も

あると思いますが、



いまの「嫌い」の多くは、



自分の過去に理由がある

ケースがほとんどです。



たとえば私は少し前、



「いつも後ろめたい

発言をする人」が嫌いでした。



その理由は、



思い返せば私自身が昔、



後ろめたい発言を

多くしていた時期があって、



自ら幸せを逃がしていたからに

他なりません。





私にとっても

少し苦い過去なのですが、



しっかりと過去を受け止めて、

「嫌い」の理由を分析しました。



そのおかげで、



これからの私にとっては、



<前向きで明るい言葉>



<自分も他人も勇気づけられる言葉>



こそが必要だと

気づくことが出来ました🍀





今では、



明るく前向きな言葉が

大好きになり、



「お客様との会話」が中心の

今の自分の仕事でも

どんどん取り入れています🌈



本当に幸せです☺️💕



これも全て、



「嫌い」の感情と真剣に

向き合えたからこそです。





ぜひ、あなたも、



自分の幸せを逃がさないためにも、



「嫌い」の感情と真剣に

向き合う時間を創ってみてください💮





あの有名なココ・シャネルも

「Nonと言いなさい」という言葉を

残していますよね。





シャネルは、

自分の嫌なモノと

徹底的に向き合って



こだわる強さがあったからこそ、



過去の経験もバネにして

あれほどの世界的ブランドを

築くことができたのでしょう‼️



シャネルをお手本に、



自分らしく、



本当の「好き」を実感できる

生き方をしていきたいものですね💫



あさこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください